お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5974

再診・その他のお問い合わせ

042-703-4408

24時間メールお問合せ

メールお問い合わせ

24時間WEB予約

WEB予約

根管治療|相模原市橋本(橋本駅)の歯医者・歯科なら安心して通えるエンドウナチュラルデンタルオフィス

エンドウナチュラルデンタルオフィス
初診予約:050-7302-5974、再診・その他:042-703-4408

根管治療

根管治療とは

根管治療とは、むし歯が大きくなってしまい、神経に達してしまった場合に必要な治療になります。

歯は根っこがあるのですが、その中には神経が入った管があり、それぞれが独立した神経を持っています。
神経があると、ちょっとしたむし歯があった場合などに“しみる”という危険信号を感知することができます。そのため、自分の歯を長く残していきたい場合には、歯を削らないこと、神経を残すことが非常に重要になってきます。

しかし、むし歯が大きくなってしまい、神経に到達してしまった場合は歯を残すために、神経を除去しなければなりません。到達したのに放っておくと心臓の鼓動に合わせた激しい痛みを感じてしまいます。
このときに必要な治療が根管治療になります。

根管治療を成功させるために~ラバーダムとは~

根管治療の大事なことは、根管内の細菌をなるべく減らすことです。お口の中は常在菌といってたくさんの菌がいます。そのため、唾液が治療中の根管内に入ってしまうと、その根管治療がいくらやっても意味のないことになってしまいます。むしろ唾液が入ることで治療しているのではなく、悪化してしまうこともあります。

唾液を防止するために必要なのが『ラバーダム』になります。
ラバーダムはゴム製なのですが、お口をこのゴムで覆い、そこから治療する歯だけを出すことで、唾液が歯の中に入らず治療することが出来ます。

また、お口を長時間開けて頂ければならないこと多い根管治療において、ゴムのマスクがあることで口が開けやすいという方も沢山いらっしゃいます。そして、外部から唾液のようなものが入ることを防ぐだけでなく、根管治療は根管内を消毒するために薬液を使用しなければならないのですが、その薬液がお口の中に漏れることも防ぐことができます。

根管治療は、むし歯が大きくなってしまって神経を取らなければならなくなった初回が一番大事です。初めて神経を取らなければならないときは、神経が感染した状態でも、根管内はまだ無菌なのです。それが治療中に細菌が入ってしまうと、根管内が感染してしまい再治療が必要になることがあります。そのリスクを少しでも下げるためにラバーダムは当院では必要不可欠と考えています。

根管治療と顕微鏡

根管治療は歯という小さい中のさらに細い管を治療する細かな治療です。
そのため、肉眼では、治療チェアのライトでは中まで見ることが非常に難しいです。
顕微鏡を使用することで歯の中を可視化することができます。それでも難しい治療なのですが、少しでも治療の可能性をあげるために当院では顕微鏡を使用することが多いです。

ただ、どうしても難治性の歯も存在してきます。そのために当院では、当院の考え方と共通している根管治療専門医の歯科医院と提携。1回の処置ごとに90分時間を取り、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使って神経を残す治療や精密根管治療を行っています。他院で断られたような症例でも、神経を残した治療の実績を上げています。

また、どうしても神経を取らなければならなくなった場合でも、精度の高い治療を希望される方や、他院で抜くしかないと言われた難症例等の場合でも、根管治療専門医が治療することで治癒に導くこと可能性があります。

自費の治療になってしまいますが、ご希望の方は当院から紹介して、専門医の治療を受けることができます。

マイクロエンドについてはこちら

PAGE TOP

WEB診療予約