お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5974

再診・その他のお問い合わせ

042-703-4408

24時間メールお問合せ

メールお問い合わせ

24時間WEB予約

WEB予約

顕微鏡歯科治療|相模原市橋本(橋本駅)の歯医者・歯科なら安心して通えるエンドウナチュラルデンタルオフィス

エンドウナチュラルデンタルオフィス
初診予約:050-7302-5974、再診・その他:042-703-4408

顕微鏡歯科治療

顕微鏡歯科治療(マイクロスコープ)の紹介ムービー

拡大治療とは

このことを説明するためにはまず大前提として伝えなければいけないことがあります。
顕微鏡は拡大するための機器に過ぎないので顕微鏡を使用しているからといって「治療がうまくなる」わけではありません。

では、何が大事なのでしょうか?

まず、歯科治療にとって一番重要・大事なことは診査・診断と考えています。
それぞれの患者さんのお口の中をしっかりと把握してどのタイミングで何の治療をするか、どのようなかみ合わせにするか、最終的なゴールは患者さんが何も不具合なく美味しく食事ができるかどうかだと考えます。

その過程で1本1本の歯を丁寧に治療することは非常に大切なことで、自分の歯をいかに削らず残していくためこそ顕微鏡の必要性があると思っています。
当院のドクター全員はすべての治療において8倍以上の拡大鏡を使用しており、すでに肉眼だけで治療は出来ない体になっています。肉眼で治療すると見えなさ過ぎて治療をするのが怖いのです。実際、歯を見たときに肉眼ではこの程度しか見えないもの(左)を拡大下ではこのよう見えます。(右)

違いは歴然と思うので、診査・診断するにしても、治療するにしてもわたしたちは、拡大視野の方が確実だと考えています。
拡大倍率も3倍程度だと遠いものを近くで見てるようにしか見えませんが、5倍以上になると拡大でしか見えないものが見えてきます。
8倍以上になると普通の器具では治療が難しくなり、細かい器具が必要になってきます。
いろんな意見があると思いますが、当院では拡大した方が精密な治療ができると考えています。
もちろん先述した通り、ただ見えても「何を削るか、どのように削るか」は知識が伴わなければ意味がありません。

顕微鏡治療とは

ではなぜ拡大鏡のみだけでなく顕微鏡も必要なのでしょうか?

まず、拡大鏡自体もケースにより使用していくこともあります。
その上で顕微鏡との差についてですが、拡大率が顕微鏡は20倍強拡大できます。
それだけでも拡大鏡より優れているのですが、一番は拡大率をその必要性に応じて変えることができることです。弱拡大から、強拡大までその治療に合わせることができることで、治療のバリエーションが非常に増えます。

精密さをより確実にできるというのが大きな強みになります。
虫歯治療から根っこの治療、そして衛生士が行う歯周病治療・メンテナンスにも当院では積極的に使用しています。

そして、拡大鏡で出来ないことが顕微鏡でできる大きな違いは、その治療を動画で録画したり、拡大視野を撮影することで患者さんに自分のお口の中の状態を事細かく見せることができるということです。
実際、鏡で見せたり、口腔内カメラで見せたりというのも今までありましたが、顕微鏡下で自分たちが治療しているその場面を拡大した状態で見せることができるというのは、見えるものの違いが歴然です。
何をしているかわからない治療が多い歯科治療ですが、このような形で患者さんに行っている治療を見せることが、歯科医院のイメージを覆す一歩になるのではと考えています。

虫歯治療

当院では「できるだけ痛くない」「できるだけ抜かない・削らない」治療を心がけています。そのため治療はたっぷりと時間をかけて行っています。

「歯医者が苦手」という方は、想像する以上にたくさんいらっしゃいます。なぜそんなに苦手意識を持ってしまうのでしょうか。その理由の1つに「歯医者の治療は痛いから」というイメージがあります。

当院では患者さんにリラックスしていただけるよう、できるだけ痛くない治療を心がけています。その工夫の1つが麻酔の手順と方法。麻酔の際は、細い針でゆっくりと麻酔液を注入していきます。細い針でゆっくりと注入するには熟練のテクニックが必要ですが、それだけで注射の痛みがかなり軽減されます。また、ご希望の方には表面麻酔のお薬を塗ってから注射をしていきます。

できるだけ削らない・抜かない治療

持って生まれた天然の歯は、削ってしまえば二度と元に戻ることはありません。そのため当院では、患者さんの天然の歯を少しでも多く残せるよう、できるだけ削らない、抜かない治療を心がけています。しかし、虫歯菌に侵された部分を完全に取り除かないと、再発してしまう恐れがあります。

健康な部分を傷付けず虫歯だけを取り除くよう、虫歯が大きい場合、当院では拡大鏡下で専用器具を使った手作業での治療を行っています。そのためどうしても治療時間が長くなってしまいますが、天然の歯を少しでも多く残すためとご理解ください。

虫歯の進行状態と治療方法

【Co】初期う触

虫歯菌によって、歯の表面が溶け始めた状態です。しかし、まだ穴が開いたり黒くなったりはしていないため、見た目にはほとんどわかりません。フッ素入りの歯磨き粉を使ってきちんとブラッシングすることで、歯の再石灰が可能です。

【C1】エナメル質う触

歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされた状態です。しかし、象牙質にまで達していないので、痛みなどの自覚症状はありません。この段階になると、虫歯の範囲を必要最小限だけ削り取り、レジンと呼ばれる白い詰め物をして治療します。

【C2】象牙質う触

虫歯菌の浸蝕が歯のエナメル質を通り越し、その内側の象牙質まで進んだ状態です。象牙質は柔らかいので、この段階になると冷たいものや甘いものが歯にしみるようになります。触ると痛みがあるため、麻酔をしてから虫歯の部分を取り除き、レジンまたは金属の詰め物をして治療します。

【C3】神経まで達したう触

虫歯がエナメル質や象牙質を通り越し、神経が通っている歯髄の部分にまで達した状態。神経が侵され、激しい痛みを感じます。さらに進行して神経が壊死してしまうと、細菌が歯の根から外に出て炎症を引き起こし、歯ぐきが腫れたり膿が出たりすることも。この段階になると、麻酔をして壊死した神経を取り除く根管治療が必要です。

【C4】残根状態

すでに歯のほとんどが溶かされてしまい、歯の根しか残っていない状態です。ほとんどの場合は抜歯するしかありませんが、まだ治療可能な部分が残っていれば、C3と同じように根管治療をして被せ物をします。

PAGE TOP

WEB診療予約