お問い合わせ・ご予約
   

電話でのお問い合わせ

042-703-4408


電話受付時間 9:10~13:00,14:15~19:00

24時間メールお問合せ

メールお問い合わせ

24時間WEB予約

WEB予約

根管治療|相模原市橋本(橋本駅)の歯医者・歯科なら安心して通えるエンドウナチュラルデンタルオフィス

エンドウナチュラルデンタルオフィス
042-703-4408

根管治療

根管治療とは

歯内療法(歯の内部の治療)の目的は根尖性歯周炎の治療と予防です。

生活歯髄療法(健康な神経を出来る限り残す方法)、根管治療(感染した根管の内部を注意深く清掃し、 再度の感染を防ぐために根の中に詰め物をする方法)、外科的歯内療法(通常行われる根管治療では対処できない場合に選択される方法)に大別されます。

根管治療は歯科治療の中でも日常的行われて、根管内の細菌感染により根尖性歯周炎が起きた場合に必要になります。従って細菌を減らす事、治療後に細菌が再度侵入しにくい状態を築く事で治癒に導き長期的に維持する事が出来ます。

しかし細菌は目で見えるものではありません。そのため細菌に対するコントロールをしっかりと行い治療コンセプトを忠実に守る事が非常に重要になってきます。

根管治療を成功させるために~ラバーダムとは~

根管治療の大事なことは、根管内の細菌をなるべく減らすことです。お口の中は常在菌といってたくさんの菌がいます。そのため、唾液が治療中の根管内に入ってしまうと、いくら治療しても意味の無いことになってしまいます。

その為治療中外部からの細菌侵入に対する処置として『ラバーダム防湿』を行います。

ゴムのシートを用いてお口を覆い治療する歯だけを出すことで、唾液が歯の中に入らず治療することが出来ます。

外部から細菌が入ることを防ぐだけでなく、根管内を消毒するための薬液がお口の中に漏れることも防ぐことができます。 根管治療は初回が大事です。

治療中に細菌が入ってしまうと、根管内の感染が広がり再治療が必要になることがあります。そのリスクを少しでも下げるためにラバーダム防湿は当院では必要であると考えています。

根管治療と顕微鏡

根管治療は歯の中の細い管を治療する細かな治療です。肉眼では精密な治療を行うことは困難です。

感覚で治療をして治る事はなく、見えるものしか治せないのです。
そのため歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用する事で術野を拡大し、盲目的ではなく可視化し確実な処置ができます。

しかし顕微鏡を自分の目の様に扱えるようになるにはトレーニングを積む必要があります。
日本歯内療法学会では専門医資格の条件に顕微鏡の使用が義務付けられています。

当院では自由診療の根管治療も行っています。1回の処置ごとに60〜90分治療時間を取る事で何度も通院し治療する事を減らし、歯科用顕微鏡やCBCT、特殊な材料、道具等を使って精密な歯内療法を行っています。

自由診療の根管治療についてはこちら

PAGE TOP

WEB診療予約